Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーのあの粉はルーじゃなくてルゥらしい。

と言う事実。

知らない人は腕立て20回。

今日はなんかカレーを作ろうと言う話になり・・・

友人6人で・・・

うほ!男だらけのカレー祭り!

だったわけだが・・・

とりあえず、話進めるために名前決めるか・・・

DSはいいとして

かっくん、ライ麦、クラウチ、カネコ

でいいや

実名はないし大丈夫、大丈夫

何が問題かって?

かっくんの料理センスですよ!

肉を選ぶときなんて・・・

か「黒毛和牛!黒毛和牛!!」

とかで何か焼肉用の肉持ってくるし・・・

カレー用の肉持ってこようぜ?

牛は高いということで鶏肉を使うことに。

材料は以下のとおり

awrh


たまねぎ、人参、じゃがいも、鶏肉

本当ならニンニクとしょうがを入れたほうがいいらしいんですが・・・(^^;)

マネーの問題?

まぁ一人300円で昼飯が食えるんなら安いもんだ。

調理開始。

まず、人参やらじゃがいもやらの皮をむく。

皮むき機がないので包丁でやることに。

ク「削りすぎるとなくなるぞ?」

俺「気のせいだヘ(゜Д、゜)ノ」

ク「・・・・」

むき終わったものを私が包丁で切る。

あまりにもカネコの切り方が危なっかしいので俺がやることに。

んで、かっくんがね・・・

肉を炒めるときバターを使うとか言ってますが・・・

作り方にサラダ油って書いてあるでしょ~

なんでそんなチャレンジャーなんだ・・・('A`)

なんだかんだ言って結構出来ている。

werh


ただ、結構煮込まないとおいしくならない・・・

これじゃあカレーうどんレベルだ。

途中、DSとかっくんが味見。

のはずが何かかっくんがパクパク食っている。

ラ「オイ!かっくーん!!食いすぎだ!!」

か「気のせい!気のせい!ヘ(゜Д、゜)ノ」

んで、煮込んでる間、ごくせんとか見ながらうだうだごろごろしてたんだが・・・

腹減ったという若者が数名

か「もういいんじゃね?」

俺「いや!待て!まだ1時間は煮込まないと水っぽいぞ!!」

んで、20分ぐらいたって

か「よっしゃ!食おうぜ~!!」

俺「え?え?(゜Д ゜)?」

何かみんな皿に盛っている・・・

しょうがないから俺も盛る

gw


おいしくいただきました。

チーズがいい感じだ。

ただ、何か少し足りない。

具が・・・

足りない・・・

今回何を思ったか10人分作ったんですよ。

結局全部なくなりましたが・・・

DSが半端ない量の米を持ってきたおかげでしょうか・・・

よく持ってきたな・・・('A`)

流石だ!!

食い終わったあと

カネコがヤフーオークションを開くとかでパソコンをつける。

クラウチが机にのしかかった瞬間!!

な、なんと!!

机が傾いたのです!!

どうなったかは分かりますね?

当然、私の麦茶がこぼれたわけですよ。

ラ「オイ!!俺の上着が濡れたじゃないか!!」

俺「マテ!俺のバッグも濡れてるぞ!!」

ク「ゴメンゴメンヘ(゜Д、゜)ノ」

カ「ライ麦臭だ~」

結果、俺のバッグは未だライ麦臭が漂ってますよ・・と

ナンテコッタイ。

その後、子分にてうだうだごろごろ。

時間になったので私はヴァイトにいく。

ここからは大人気ヴァイトネタ。

着いてみるや否や目の前に病気さん。

ナンセンスだ!

事務所に入ると店長

もっとナンセンスだ!!!

着替えたあと

病気さんが助けて欲しいらしく、しょうがないので早めにIN

病「ヤヴァイ!ヤヴァイ!!チキン780本出る!!ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「そんなに出るわけないでしょ~」

病「ヤヴァイって!!あそこのツタヤまで並んでる!!ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「さっき、そこ通りましたよ!!!」

病「あ・・そうなんだ・・・(・ω・`)」

・・・

何だ?その反応・・・

今日はやけにテンション高い病気さん。

病「皆のものー!!今が決戦の時だー!!!ヘ(゜Д、゜)ノ」

皆のもの「・・・・・・('A`)」

途中、骨次郎登場

ま た お 前 か !!

3日連続で仕事するとはやりおる・・・

病「βくん!!」

俺「はい?」

病「例のフィレ行こうか!!」

俺「例のフィレ!分かりましたー!!」

・・・

例のフィレってなんだよ・・・orz

知らんぞ?俺は・・・

とりあえず、流れからして龍田揚げフィレってことを把握したから良かったものの・・・

今日の病気さんは何をしでかすか分かったもんじゃない。

コーチも来ていよいよ終盤に近づく中、店長に説教されている病気さん

何やったんだ・・・('A`)

骨次郎は骨次郎でニヤニヤしてるしよぅ・・・

なんだかんだで結構早く終わる

何事もなく帰宅。

今日は疲れた・・・

明日から4月ですね。

エイプリルフールだ~ヘ(゜Д、゜)ノ

じゃ!


(・ω・)ノシ


⇒続きを読む

雨だ・・・

世の中、理不尽だ!βです、どーも。

どーも、こーもないですよ!

子文でうだうだごろごろしてたら

飲食禁止だコノヤローとかオバサンが言って・・・

俺飲んでないんですけど~

空のペットボトル持ってきただけだぜ?

オ「ここで飲まないでね!小さい子がマネするから!!」

俺「いや、飲んでないんですけど・・」

オ「あなた達は大きいんだから分かるでしょうけど、子供は(ry・・・」

俺(無視をするな、バカ野朗)

オ「今度飲んでたら立ち入り禁止だからね!」

俺「(゜Д ゜)ハァ?理不尽すぎるやろ~」

オ「いや・・そんなこと言われたって・・・(・ω・`)」

もう一度言おう

私は飲んでいない!!



今日は厄日か・・・

ナンテコッタイ。

あーなんか面白いネタないですねー

明日はあると思うが・・・

しょうがない。

今日はこの辺にしとこう。(マテ

僕は疲れたんだ。

とゆーわけで

返信だけして


(・ω・)ノシ


⇒続きを読む

ヴァー('A`)

なんぞや・・・

今日・・・

ありえん。

いきなりだがヴァイトネタ。

今日は3時からIN

ひたすら作るわけだが・・・

休む暇もない

リニューアルして最初の休日だからか?

1日で売り上げが通常の1.5倍ぐらい・・・

な~にそれ~

ひたすら作ってると骨次郎登場。

骨「よぉ」

俺「来たか、バカ野朗」

骨「・・・」

俺「何だ!仕事をしろ!バカ野朗!ヘ(゜Д、゜)ノ」

骨「(´_ゝ`)フッ」



うぜぇ~('A`)




骨次郎も来たことだし今のうちに休憩に入る俺。

休憩中

店長と病気さんがリニューアルについて文句を言う。

店「扉のとこ直してくれなかったんだね~」

病「そうなんですよ!やつらは手抜きなんですよ!!」

店「取っちゃおうか!ヘ(゜Д、゜)ノ」

病「いや、別にいいですけど、それじゃあ2重扉の意味がないじゃないですか」

店「βくん取っちゃっていいかな~?」

俺「・・・いや、どーでしょう・・・('A`)」


言いたいことはいろいろあるが、すべてひっくるめて一言にして言おう。


バカ野朗


俺に振るなよ・・・orz

病「リニューアルしたけど厨房のβは店内とか変わったかどうかしらないよね?」

俺「あー知らないっす」

病「そろそろ、前出てみるのもいいかもな~」

俺「(・ω・`)!」

店「そうだね~、それもいいかもね~」

マテ

落ち着け。

勝手に話を進めるな!

私がレジだと!?

バカを言うな!

俺なんかがレジやったら客ドン引きだよ!!!

声小せぇし、目つき悪いし、笑顔ないし・・・orz

私は厨房で十分だ!!

まぁ当分ないらしいけど・・・

よかったよかった。

その後。

ありえない・・・

ドンドンチキンが出て行く。

龍田揚げチキンとやらも在庫切れになり販売出来ない状態までいってしまったんだから、びっくらこいた。

んで、洗い物とか終わったあと最後に床を洗うわけだが・・・

リニューアルしたのかホースでやる。

俺がやろうとしたのに・・・

骨次郎に取られてしまったよ・・・orz

俺「お前・・楽しそうだな」

骨「うえっへっへっへ!ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「何か知らんが腹立つんだが・・」

骨「あ~↑楽だ!楽だ~!!↑↑ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「・・・・」

何だコイツ・・・

んで、コーチもコーチで食洗器使って興奮してるし・・・('A`)

コ「コレすごいね~ホラ!こんなに落ちてるよ~!ヘ(゜Д、゜)ノ」

・・・・('A`)

俺なんて3箇所ぐらいやけどしたってのによう・・・

ちくしょう。

9時半になったので上がろうと思ったら・・

T「ゴメン!あと1台だけ作っちゃって!ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「マジすか!!」

T「それやったら上がっちゃって」

俺「うぃーす」

んで、俺が作って、骨次郎がチキンをさばくわけだが・・

骨「いいか、今俺には二つの選択肢がある」

俺「ほう・・」

骨「まず、一つ、出来たチキンを揚げる」

俺「ふむ」

骨「二つ、全部お前に任せてこのまま帰る」

俺「死ね」

骨「しょうがねぇな・・・」

俺「一応言っとくが二つ目選んだらマジでキレるからな」

骨「うえっへっへっへ!ヘ(゜Д、゜)ノ」


もう一度言おう


うぜ~('A`)


チキンも出来たことだし帰宅準備。

俺が着替えようとしたら先に着替え始めやがったバカ野朗こと骨次郎のせいで、しばしTさんが物凄い勢いでお寿司やら焼き鳥を食う様を見なければならない・・・

T「うわ!コレ、レバーじゃん・・・」

俺「レバー嫌いなんですか?」

T「まぁね」

おもむろにお寿司を食べだすTさん

俺「あれ?醤油はつけないんですか?」

T「時間がないんだ!時間が!!」

そこへ一人の女子が

女「Tさ~ん、病気さんが呼んでますよ」

T「病気さ~ん!少しお時間くださ~い」←本来、客に対して使う言葉

わずか数秒で寿司間食。

いいセンスだ!

ようやく骨次郎が着替え終わる

骨「いや~チャックがうまく閉まらなくてな~」

俺「全開でいいだろう、バカ野朗」

骨「あ!この菓子食っていいの?ヘ(゜Д、゜)ノ」

俺「人の話を聞け!バカ野朗!」

着替え終わったあと

T「そこの袋の中に入ってる寿司食っていいよ~」

骨「マジすか!!」

俺「おぉー」

骨「確かここに醤油が・・」

俺「お前・・・こんなところに醤油があるわけないだろ!!」

骨「アレ?この前はあったんだが・・・」

俺「いいか!ここからここまではすべて俺のものだ!お前が食うのはこの3つだけだ!!ヘ(゜Д、゜)ノ」

骨「勘違いするな!すべて俺のものだ!!」

俺「ナンダト?」

結局、半分にして食う。

T「はい、差し入れ」

骨&俺「あざーす!!」

骨「あーコレはキールだな」

俺「だな」

キールってのは・・・まぁ胸の部分の肉ですね。

俺「いや~こりゃ夕飯いらんな・・・」

骨「全くだ」

まー今日はマジでヤヴァかったですからね・・・

ホント、疲れましたよ。

店長は途中で帰るしよぅ・・('A`)

まぁ・・・

こんな感じ。

では

(・ω・)ノシ



追記は返信。

⇒続きを読む

Appendix

プロフィール

β

Author:β
性別 ♂

年齢 17歳

血液型 ヴィー

出身地 神奈川県

性格 面倒くさがりや。

好きなもの 水樹奈々・自転車。

嫌いなもの 自己中な人・虫・高いところ









現在の閲覧者数:


知る人ぞ知るチャット。↓

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。